FC2ブログ

記事一覧

ちょっとした我慢

Aloha!お元気ですか?


前回、幸せについて書いたときに
「貢献感」という言葉を使いました。

今回はこの「貢献感」について考えようと思います。
S__13238287.jpg

「私は社会の中である役割を持っていて、何か(誰か)の役に立つことができる。」
「他者と協力することは楽しい」
「喜んで役に立とう」
「共同体にとって建設的な答えを選択しよう」
・・・というような考え、感覚を「貢献感」といいます。



ある勉強会で「貢献感」について話題になりました。
そのとき私は「なるほど!」と、
新しい考えにたどり着いたような感覚になりました。

それはこんなことです。
貢献には2つの要素がある
(1)他者を助ける・協力する
(2)他者のために断念しなくてはいけないこともある

この(2)は、私にとって新しいアイデアでした。
人を喜ばせるために自分が嫌な思いをする必要はありませんが、
自分ができることならば
「やりたくても我慢する」ことが貢献につながるというのです。

誤解がないように言葉を付け足します。
滅私奉公ではありません。
そうしなさい!ということでもありません。

人に良かれと思い自分をコントロールして
辛くなってしまった人をたくさん知っています。
そういうことではないんです。

自分に余裕があって「貢献したい」と思ったとき
この考えを思い出せたらいいな、と思います。

貢献することを自分自身の喜びとして
自身の人生をより良いものにするために、
他者の人生の役に立つように、
自分にできる「ちょっとした我慢」を実践することが「貢献」につながるのです。

具体的には
・大きな声で怒鳴りたいけど静かに伝える
・部屋でゴロゴロしていたいけど迎えに行く
というようなちょっとしたことから
・正しいことをする
というような大きなことまで
「私は貢献する能力がある」
と、思えるような道を選択して行くのです。

S__13238286.jpg
目の前に「大変だな〜」って思うことがあったけれど、
このアイデアに私は勇気をもらいました。

私は今、「ちょっとした我慢」を
喜んでしようではないかと思っているところです。


あなたはどんなことで「貢献感」を感じますか?


S__13238288.jpg


お読みいただきありがとうございました。
また会いましょう。
Mahalo(ハワイ語でありがとう)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント