記事一覧

みんなちがうんだよ

人にはそれぞれの感じ方、受け止め方があるというときに、いつも思い出す出来事があります。長女が幼稚園生だったときいつも仲良しだったKちゃん。引っ込み思案で大人しいKちゃんと、我が強く活発な長女。磁石が引き合うように二人はいつも一緒でした。その日もKちゃんがウチにいて、他にTちゃんという新しいお友だちも来ていました。私が仕事の合間に部屋を覗くと、長女はTちゃんと二人で楽しそうにおままごとをしています。Kちゃ...

続きを読む

なんやかんやあったけど

スティーブ ジョブズが言ったように、人生で起きることは点と点で繋がっている。次女は、小学生のときいじめられていました。友だちから色々言われた言葉に傷ついて、自信を無くして行きました。ここには詳しく書きませんが例えば「ブサイク」という言葉。素直な優しい子に見えるこの子を・・・。私がいくら勇気づけても「親だからそう思うんでしょ。お友だちはそういうふうに思わないもん」と跳ね返される。・・・友だちは親しみ...

続きを読む

子どもは親を超える、必ず!

早生まれでちっちゃくて、背の順でも誕生日順でも一番前で泣き虫で、甘ったれでひょうきんで、王様中学生になっても休みの日はいつも私にくっついて来た長女。もう、そんなことも「ほんとうにそうだったかな?」と思えるくらい彼女は大人になっています。(成人してるし)自分で選んだ高校をドロップアウトと同時に高校海外留学の道を選択した長女。(留学決意の陰に岩井俊憲先生の勇気づけ効果あり!)不平不満涙多しの3年間をや...

続きを読む

子どもをどうしたいの?

勇気づける叱る怒るほめる可愛がる突き放すいったい、子どもをどうしたいの?「世の中甘くないよ。そんな、思い通りにならないよ」と言いながら、子どもの人格を甘く見て、思い通りにしようとしている人がいっぱいいる。私も、程度の差はあれど、その中の一人かもしれないけれど……という、自戒を込めて書いていきます。「自立してほしい」と言いながら、手を出し口を出す。「幸せになってほしい」と思いながら「そんなんじゃだめ」...

続きを読む

子どもに誠意をもって接する

思春期の子どもを持つ親御さんから、私がどんな言葉を使って子どもと接していたかを時々聞かれます。長女が高校留学をしていた時のやり取りが残っていましたので、懐かしい気持ちもあり、ここに残そうと思いました。8年前に長女が留学中、やり取りしたメールです。*:・゜☆,。・:*:・ ゜★,。・:*・゜’☆ *・:*゜’☆*花子というのは、長女の仮名です。(笑)*このメール以前に「はなこは勉強きらい」というメールも受け取っていまし...

続きを読む