記事一覧

がんばらないでさ〜

私たちは、この世に生を受けて親やきょうだいから多くの影響を受け、環境からも影響を受けて、だいたい10歳くらいまでにライフスタイルという人生の地図のようなものを自分で形成します。これは、何か問題が目の前に立ちはだかった時にどんな手段でどっちの方向から切り抜けようかという、「性格」のようなものです。ふだんも特別意識しないままに私たちは自分のライフスタイルを使いながら暮らしています。性格は変わらないとい...

続きを読む

本当はつらい人だった過去の私と、今の私

厳しい両親に育てられてその結果、「自分」というものを自分で創り上げて今の私がいます。2年前に母のことを書いたブログ→ 私の材料母は、「熱意の人」でした。何をするにも自分の信念にしたがって、自分にも他者にも厳しく生きた人でした。同じ頃、父のことを書いたブログ→ 私に影響を与えた人私は父親っ子でした。普段、父は良き話し相手であり遊び相手でした。私の温厚な感じは父に育てられた部分です。わりと父親に対しては肯...

続きを読む

不安や心配のあるところ

この時期になると「中学生になるから」「6年生になるから」「○○を始めるから」などの理由で、珠算塾を退会したいと来る子どもが増えます。『何かを始めるから、その代わりに何かを諦める』 一見論理的なようですが、全くの勘違いです。せっかく長い時間かけて培ってきた技能を満足の行くところまで高めずに中途半端(この言葉がぴったり)に投げ出す。そこから得られる学びは何なのでしょう?少し前までは段位を目指していたはず...

続きを読む

自信が持てないあなた

「自信が持てない 失敗が多い人生だ うまく行ったと思うとしっぺ返しがくる」そう言ってまだ若いあなたは泣いていたね。「認めてほしいの!」何回か言っていたね、叫ぶように。認めてほしい相手は友だちかな?先生かな?(・・・私?)家族に愛されていることはもうわかっているはずだから、きっと、今は社会に目を向けて、その中での自分というものを模索しているのだね。世の中にはいろんな人がいるから、いろんなできごとがあ...

続きを読む

「褒めない」んですか?

叱ってばかりじゃないですよ。朝はつい怒っちゃう。でも、ちゃんといいところは褒めているから大丈夫!・・・「ちょっと待って!褒めればいいってもんじゃないよ!!」と、私は声をあげたい。アドラー心理学ベースの「愛と勇気づけの親子関係セミナーSMILE」(以下SMILEと表記)では、「褒めない、叱らない、勇気づける」子育てを提唱しています。SMILEの中で、よくある質問が「子どもを褒めて育てるのがいいことだと思ってしてき...

続きを読む